KFBリングとは鉄筋コンクリート構造等のフープやスパイラル筋の代替品として用いるフラッシュバット溶接による閉鎖型せん断補強材。
フラッシュバット溶接とは車のボディーに使われている溶接方法で溶接材料の介在をせず高電圧による圧接
*従来はアプセットバット溶接と呼ばれる圧接
溶接断面の膨らみがなくなることから
コンクリートのかぶりの厚さが確実にとれる
フックがないシンプルスタイル→ジャン力の恐れがない
溶接箇所、母材同等品品質保証付
従来の鉄筋コンクリート構造ではフープ等で行われている
フープとは鉄筋コンクリート柱の主筋の外回りに水平に巻く鉄筋、帯筋のこと
主筋の位置を固定するほか、柱に働くせん断力に抵抗させ、圧縮力による主筋の座屈を防ぐ
 阪神大震災ではこのフープのフックが伸びきってはずれて、柱が圧縮力に耐えきれなくなり、座屈し、ワンフロアーだけつぶれてなくなるといった事が起きました。それだけにフープの性能は非常に重要です

 お問い合わせは、mail@kondo-kouzai.co.jp